パフォーマンス学会│一般社団法人パフォーマンス教育協会 | パフォーマンス学40周年記念 国際パフォーマンス学会年次大会 大盛況で終了
1136
post-template-default,single,single-post,postid-1136,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive
 

パフォーマンス学40周年記念 国際パフォーマンス学会年次大会 大盛況で終了

日本でまだ誰も開始していなかった自己表現の専門研究と教育の「パフォーマンス学」。
佐藤綾子本邦初の開始からついに40周年。

昨日六本木のハリウッドホールで400人の同士がパフォーマンス学会年次大会開催。
ジャパネットたかたの創業者髙田明社長も、パフォーマンス学の開始からの良き理解者で、
本日は「リーダーのパフォーマンス」と題して1時間の講演。
リーダーに必要な自分をどう見せるかという世阿弥でいう「離見」の視点重要性、何よりも伝える力の際重要性を熱く語ってくださいました。

「伝える、つながる」はパフォーマンス学のモットーです。
彼のような日本のリーダーが同志である事はパフォーマンス学にとっても私にとっても幸せなことです。

さあ、41年目を走り出します。またこの日「愛して学んで仕事して」と「トップリーダーに学ぶ人を惹きつける自分の見せ方」も同時発売会場で多くの皆さんがお求めになり感謝です。