パフォーマンス学会│一般社団法人パフォーマンス教育協会 | 第38回 国際パフォーマンス学会大会 大盛況で終了!
1470
post-template-default,single,single-post,postid-1470,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive
 

第38回 国際パフォーマンス学会大会 大盛況で終了!


9月13日 第38回国際パフォーマンス学会大会
「パフォーム for All 相手をどう魅了するか」

今回はコロナ禍に負けずオンラインと会場対面(以下F2F)のハイブリッド開催!
元気いっぱいの仲間たちが130人以上参加してくれました!

基調講演ではスポーツ評論家の二宮清純先生に
「一流スポーツ選手の自分の見せ方」というタイトルで
スポーツ選手がどのようにして自身を演出しているのか、
どのような表現が一流たらしめているのかについて熱く語ってくださいました。

そして、今回は参加者プレゼントとして新刊
「オンラインでズバリ伝える力」(佐藤綾子)を皆様に差し上げました。
皆笑顔で「この本で今の時代を乗り越えよう!」という気合が伝わってきました!

まだまだ辛い時期が続くと思いますがパフォーマンス心理学は
さらなるデータや知識を取り入れ、どんどん進化していきます!
今回学んだオンラインの自己表現は必ずF2Fでも役に立つ!自己表現力を鍛えて一歩先を行きましょう!